[前回の表示画面に戻る]
記事No.45668とレス記事を表示します。
  長くなったので、ブルックスケプカその2 投稿者マンチャイ  ID:pzZYW27I  Rank:11回  
bl.gifベスゴルファンさん、どうもです。
軸というか、アドレスでは、練習の中で自分なりに気がついたのですが、ドローを打ちたい時は、左6右4で構えると
自然にドローがでます。
フェードを打ちたい時は、ボール位置を左踵よりボール1個左で少し左を向き、体重は5対5かな。
PGAツアーウォッチャーさんのいうように、右手首角度保つ意識を持とうと思っても難しかったので、結果的にそうなるように、右肘をからだの前を通す意識をフェードをうつ時は持ちます。
するとやっぱりフォローでは左肘が浮くのですよね。
スピースのフォローの様に。
これ、どうしても浮いちゃいます。ダメなのかな。
... 2017/06/26(Mon) 01:04 No.45668  


ブルックスケプカその2 投稿者ベスゴルファン   ID:HaFidIN2  Rank:44回  

bl.gif なるほどよくわかります。
 マンチャイさんの方法だと、トップでカーリングして、その段階でほぼ、フェースはスクエアになっている。腕はどうしても自然とローリングするので、スイングの軸は自然と中央になるということですかね。
 こっちは、右懐を作り、右懐で、カーリングさせ、前倒しさせないと、フェースはスクエアに戻りません。間に合いません。右軸というか、少し体が左にスライドすることがあっても、右寄りの中央の軸を意識しないと、スイングは一発でぐちゃぐちゃになります。
 紙一重で壊れます。←私の場合w

 そこで、カギになるのが、PGAツアーウォッチャーさん指摘の右手首角度保持ですね。突く、差す、または、右手掌底打ち(PGAツアーウォッチャーさん提案)という動きが必要になる。

 ただ、これはマンチャイさんの動きでは、不要でないかと。逆に、逃がしてあげないと、フックになりそうですね。
 ただ、逃がすといいますが、それは自然な通り道ということで、その分、ヘッドスピードを、素直にあげやすいのかな。
 コントロールされたフェードが得意だというのもよくわかります。
... 2017/06/26(Mon) 09:56 No.45669  


長くなったので、ブルックスケプカその2 投稿者PGAツアーウォッチャー  ID:imHRJdNY  Rank:2回  

bl.gifhttps://www.youtube.com/channel/UCXgaaEw-FRb4HXGo8ka-pfw
皆さんご存知ですか?
わかりやすく、そして理論もしっかりとしていますね。
... 2017/06/27(Tue) 12:50 No.45670  


Re: ブルックスケプカその2 投稿者マンチャイ  ID:pzZYW27I  Rank:12回  

bl.gifなるほど、左手を意識するのではなく、右手を意識することで左手のカールがおきるという事ですかね。
... 2017/06/27(Tue) 15:16 No.45671  


ブルックスケプカその2 投稿者ベスゴルファン   ID:HaFidIN2  Rank:45回  

bl.gif PGAツアーウォッチャーさんが指摘してくれた
 hhttps://www.youtube.com/channel/UCXgaaEw-FRb4HXGo8ka-pfw

 で、 「体を魚のように動かすのがゴルフ」というのがあって、これが、10代からゴルフを始めた人と、成人してからゴルフを始めた人との、決定的な差というか、「埋められない壁」というのがあると、つくづく思うようになっています。

 三觜喜一さんは、うちのクラブでもレッスンを受けた人がいて、個別の効果は抜群という声をききます。

 ただ、見よう見まねで、パーツだけをとりあげるてやると、「オーバードゥ」になって大変です。

 HIGH SPEC GOLFさん、全般にそういう傾向があるような気がしています。
 おっさんゴルファーとしては、スイングの全体方向性というか、全体図を俯瞰できたら、いいのになと思っています。
... 2017/06/28(Wed) 12:49 No.45672  


Re: 、ブルックスケプカその2 投稿者マンチャイ  ID:pzZYW27I  Rank:13回  

bl.gifこの動画貴重ですね。
始動で右手首を甲側に折ることでカーリングを完成させてから遠心力でバックスイングを完了する。
この方法は前に少しやっていたので、すぐにできました。
スイングが更にシンプルになるだけでなく、ミート率が上がる気がします。
飛距離も延びてる気がします。
スイングは単純なのが一番。
ダスティンジョンソンもこの方法じゃないかな?
... 2017/06/28(Wed) 17:14 No.45673  


ブルックスケプカその2 投稿者ベスゴルファン   ID:HaFidIN2  Rank:46回  

bl.gif 非力な私が240ヤード飛ぶようになった理由。
 というのを書こうとおもったのだが、飛距離を書くと、荒れるとうい掲示板の法則があって、控えていた。
 でも、別に270ヤード飛んだわけでないから、許してください。

基本は、マンぶりと、カーリング。
 この二つにつきます。

 落とすも、突く、差すも、前倒しも、ひっくり返すも、本当はかなり関係しているのだが、それは一経過のドリルであって基本はマンぶり。

 実は、これはプロアマで回った、そこそこ有名な飛ばし屋の女子プロ(おばさん)におそわったのだが、
「なにか、こざかしいことやろうしていない?」と鋭い指摘。
「男の子なんだから、思い切りふったら?」
 おじさんだけど、ま、おじさんも男の子。

「まず、マンぶりしてみる。一番、自分にとってマンぶりしやすいポジションを探す。高いトップ?低いトップ?コック深め?浅め?バンスする?しない?アップライトか、ややレイドオフとか・・
そんなのしったことではない。自分にとって一番、マンぶりしやすいスイングがあるはす。まず、ここを、マンぶりして探す」

 うむ・・・

「ドスライスしましたが」^^;
 そこそこ、
「マンぶりしたから、ドスライスしたのか、打ち方が悪いからドスライスしたのか・・そこから、色々なドリルをやる。そこから修正する。
 そして、また、マンぶりする」

 ほほう、マンぶり主義ですね。

 で、
 私のマンぶり主義では、やや左手はフックグリップで、左手はやや内側にいれてアドレス、トップでカーリングさせて、ややレイドオフにダウン、そのまま、右軸でマンぶり。
 はい、240ヤード、まっすぐ飛びました。

【マンぶりして当たらないスイングはインチキ。そこを小手先でいじらない】とマンぶり主義の女子プロの意見です。

 ただ、彼女は、私がカーリングさせていたことを、知らない。

 どや!!!!
... 2017/06/28(Wed) 19:06 No.45674  


ブルックスケプカその2 投稿者タニノチカラ  ID:mP3SbNqE  Rank:28回  

bl.gif以前にPRGRのegg・5Wを中古で買って使っていた事がある。
自分のスイングを見て同伴者が、「ダウンでもの凄くシャフトがしなっていますヨ!」と言われるように、シャフトがメッチャしなる。結果、方向性が非常に取りにくい。

縦コックを解放すると、トウダウンが大きくなり、ドスン!
それを嫌がって右手を返すと、思いっきりフック!
ところが横コックだけで振って見ると、「アラ!不思議」、球は低いが、勢いよく綺麗に真っ直ぐ飛んでいく。
距離の長いセカンドでも、グリーン手前からドンドン転がってONするので重宝していたが、ラフ、傾斜では使いにくいので、手放した。
ただ、「横コックだけ」は、柔らかいシャフトのクラブの打ち方の一つかも?!

縦コックと横コックの複合でスイングされている方も多いと思われるが、PGAツアーウオッチャーさん紹介の「シャフトの強いしなりを作る右手の使い方」の様に、アイアンも「アドレスから横コックだけでスイング」を見ると、オオ〜、ナルホド?!
(まだ全部見ていないので、あまりコメントは出来ないが・・・)

自分は、基本的にパット〜DRまで意識するのは、左手甲(カーリング)の方ではなくて、右手横コックキープ(結果、カーリング)だが、右手の意識だけでは器用だけに暴れる事も分かっている。
かと言って、左手主導だと慣れの問題もあるが、体が開きやすい等の弊害が多いので、結論は、「左手リードで、右手横コックキープで打つ」になった。

要は、「両手で打つ」かな(笑)
... 2017/06/28(Wed) 21:20 No.45675  


ブルックスケプカその2 投稿者ベスゴルファン   ID:HaFidIN2  Rank:47回  

bl.gif ブルックスケプカ、オースチン打法、カーリングときて、三觜喜一さん動画をみていたら、デビットデュバルという人のスイングを思い出した。
 個人的には、デビットデュバルという人のスイングは、興味がなかったというか、ほとんどしらなかったのだけど、最近よくみている。

hhttps://www.youtube.com/watch?v=rm6CR7FLsd4&list=PL-QJMyNEMS5VCyoNwr9CopoWMtDg-9b-C&index=2

 考え方としては、三觜喜一さんも指摘している、上から下につく動き。 PGAツアーウォッチャーさんは、右手掌底打ちを提案してくれた。たぶん、突く系の動きをしてきたひとなら、ピンとくる動き。
 ただ、体のうねりを使いながら、突く動きというのは、たぶん、正しいとおもうのだが、おじさんとしては、これまでのことが全部壊れそうで怖いですw

 突く動きのいいところは、まず、クラブは手で横に振るものでない。横にふってもクラブは振れないということが、わかる点。
 次に、ローリングやトルクの使い方(前倒し)を、ほぼ自動でやってくれる点。そして、最大のメリットは、右懐の重要性がわかる点。
 ところが、この動きだと、アイアンはいいのだけど、ドライバーだと、吹き上がることが多くなる。さらに、右ブッシュのスライスが時々でる。

 この解決方法としては、桑田泉さんらの、もっと早くひっくりかえす。なのだが、個人的には、その修正方法として、ゴールドワンゴルフさんにいってみた。
 いわゆるハの字の打ち方、8ループを描きながら、ビジネスゾーンでは、相当にレイドオフにいれて、一気に左サイドでまわしてしまう。このコツは、左サイドで一気にまわしてしまうのだけど、実は、軸は右股関節付近にあること。
 ダウンで、一気に腰を開かずに、右股関節の乗っかるようにして振り切るというか、まわしてしまう。
 突く動きをやってきたので、右懐、右股関節に乗っかるという感覚は、そう抵抗なくできた。

 そして、ここである日、突然と、カーリング、カーリングといっていたマイチャンさんが、降臨してきた。←マジ。

 たとえば、突く動きでも、カーリングさせておくと、スイング面が安定する。ゴールドワンさんの、ドリルでも、カーリングさせておくて、あそこまでフラットにしなくても、8ループさせなくでも、ほとんどワンプレーンで振り切れる。

 そして、ここで桑田泉さんの、S2とかいう、背中足という、スライス要素満点のドリルに、カーリングをいれてやってみると、球はちゃんとつかまる。

 とくに、マンぶり主義の女子プロのおばさんに、指導されて、
趣旨は「マンぶりであたらないスイングはだめなスイング。マンぶりしてもあたるスイングはいいスイング」で、やってきたら、みるみる、ヘッドスピードがあがっていた←個人比

 マンぶり主義だと、球が捕まらないことがおおくなる。
 そこで、フックグリップとカーリング。そして、あくまでも右軸というか、右懐を壊さない。

 そんなことやっていたら、デビットデュバルのスイングを見た方がいい、とアドバイスされた。
 そこまで、極端なストロンググリップにすると、さすがに私でもドフックの嵐になる。それを腰を先にまわすことで、スライス要素をいれて逃がしてあげるようなのだが、それをやると、また全部壊れそうなので、ちと躊躇。

 そこでまた、カーリングが降臨。

 適度なフックグリップにしてカーリングさせてアドレス、そのまま、うってみると結構、調和性がある。あそこまで、極端に腰をまわさなくても、ドフックはでない。

 そしてこのイメージは、マンぶり主義でも、ほとんど曲がらない。(完璧とはいわない)
 この辺に、どうも落ち着きそうです。

 たぶん、ゴルフの系統というか、アプローチの仕方は、まったくちがったかもしれないマイチャンさんと、なんだかんだいって、同じようなスイングをしているのではないかと、最近、思うようになっています。

 なお、マンぶり主義では、ドライバーでスイングをつくる。
 アイアンなどは、ハーフスイングの感じでうつ。

 が基本方針なので、7Iで、180ヤードは飛ばしません(ま、飛ばないけれどw)
... 2017/06/29(Thu) 11:09 No.45676  


Re: ブルックスケプカその2 投稿者マンチャイ  ID:pzZYW27I  Rank:14回  

bl.gifタニさん、確かにカーリングは玉が低くなりますね。
ですので、僕はウッドもボールの先をみてアドレスしてゆるやかなダウンブローを意識してます。縦コックとか横とかはカールするようにしてから頭から消えてました。
なるべくダウンではなにも意識しないようにこころがけてます。ショウテイで突くとかやればもっと飛ぶのかな?
アドレスとボールの位置、バックスイングでカールする事以外意識したくないというか、なんかやるとおかしくなっちゃうんだよね。
ベスゴルファンさん、
僕は思うにカーリングってそれをやるだけで右手はカッピングになるし、トップで右肘はしまる。
おっしゃるようにダウンでは前倒しの形に意識しないでもなっている。インパクトでボーリストにもなりやすい。
全部意識しないでもそうなっちゃうんですよね。
雑巾王子の打ち方も本を買ってやったんですが、これは、開いて右足前で前倒しという昔からあるスイングを極端にやった感じ。
これ、二つともやるとカーリングが自動的にダウンの必要な動きをやってくれてるのがわかります。
ローテーションさせるスイングってどっかで必ず「やっちゃった!」がでちゃんですよね。僕は。
やることが単純なカーリングのスイングは最後までもってくれる。
ターゲットに集中できるんです。
... 2017/06/29(Thu) 23:39 No.45677  


Re: ブルックスケプカその2 投稿者マンチャイ  ID:pzZYW27I  Rank:15回  

bl.gifスイングがカーリングすることにより、単純になるっていうのは、試合に出るようになってから非常に大きな事だとわかってきました。単純なんでその分プレッシャーがかかる状況に強い。
プレッシャーがかかってもスイングが崩壊してとんでもないミスがでにくい。
また、シャフトの横の捻れが小さいので曲がりの幅が通常の開いて閉じるスイングに比べ小さくなる気がする。
「おっ助かってる」っていうなが多いんですよ。
とても実践的な方法がカーリングだと思うんです。
... 2017/06/30(Fri) 00:07 No.45678  


Re:弾道に関して、 投稿者ベスゴルファン   ID:HaFidIN2  Rank:48回  

bl.gif カーリングや、突く差す系は、弾道が低くなる傾向がたしかにあります。
 ここはひとつ、三觜喜一さんや、ゴールドワンゴルフさんも指摘している「右股関節の上に乗っかる感じ」あたりでどうか?
 ボールポジションを少し変える必要がありますが、そう劇薬でないかと。
 私でさえ、3日でつかめた感覚。
 弾道普通になります。キャリーが伸びます。ウレタンのデイスタンス系のボールでも、高さで結構、止まります。
... 2017/06/30(Fri) 15:20 No.45679  


Re: ブルックスケプカその2 投稿者タニノチカラ  ID:mP3SbNqE  Rank:29回  

bl.gif>単純になるっていうのは、試合に出るようになってから非常に大きな事だと・・・。
マンチャイさんのこれ以降のコメント、全面的に同意です。

昨年から、連盟競技を含めて外の競技解禁にした。(連盟・自治体・新聞社・雑誌・クラブメーカーの主催等々、その気になって探せば結構あるネ。レベルも色々ある。)

アマの試合なので、それほど(7000Y超える)距離もなく、セカンドでUTやFWを使う事も少ないので、必然的にアイアンショットがキーになるので、DRは距離よりもグリーンを狙える所に置き、パーオンの精度を上げ、如何にピンに絡ませてバーディーチャンスを作るか!

なので、マンチャイさんの言う様に、メンタルでマイナスになる事は避ける事が大事になりますね。(結果は中々難しいが・・・?!)

ベスゴルファンさんのマン振り。
自分が練習で良くやるDRでの150Y〜200Yのコントロールショットと比較すると、意外にマン振りは真っ直ぐに行きやすいかも。

実は、↓のスレのショットとは別に、試合でも時々マン振りをやっているが、距離はもちろん、意外と方向性が良いんですね。
あまり体の小さな動きを意識せずに、気持ちよくマン振りするのが一番!かもしれない?!

下記、長距離打法の面々ですが、ダスティンもそうだが、色々と共通点がありますね。

安楽拓也
https://www.youtube.com/watch?v=juV8HDJTjUs
南出仁寛
https://www.youtube.com/watch?v=evHXHrDabxk
https://www.youtube.com/watch?v=0rrrGK_FeE8
ジェイミー
https://www.youtube.com/watch?v=VhqYmcP9Cdk
ジャスティン・トーマス
https://www.youtube.com/watch?v=7wSczpPvXZI
https://www.youtube.com/watch?v=fovTw4WU28c
吉田一尊
https://www.youtube.com/watch?v=PhvMeYviAlA

<自分が出来る範囲の、考えられる共通点>
1、アップライトスイング(トップでの手の位置が高い)
2、左膝伸ばし(左腰の後ろへの切れは半端でない・・・このレベルは難しい!)
3、踵体重、特にフォローで左脚が飛球線を向く。(昔は、「左爪先は閉じる」だが、そんな事していたら、左膝が壊れてしまう!)
4、下半身(脚)の動きが大きい。(南出の、歩く様に打つ?!)

競技では、方向性にプレッシャーのないホールでやってます!
... 2017/06/30(Fri) 21:06 No.45680  


ゴルフの神は細部に宿らない 投稿者通りすがり  ID:stkNF9Ek  Rank:3回  

bl.gif 日本のレッスンプロ全般にいえるのだが、細部を誇張していいすぎ。その通りやると、だいたい壊れる。
 三觜喜一プロも、環境の厳しさがあるのはわかるが、鳥かごレッスンの限界を露呈している。
 松山選手が強くなったのは、米国いって芝から打てる練習場で球をうってスイングをつくりなおしたから。石川選手は、日本のマットの練習場でスイングをつくり、それを米国でも起用に合わせた。器用さが逆に裏目にでている。
 ただ、ここの掲示板は寂しくなったというが、書いている人は自分の経験を前提に相当に高いレベルのことを遺憾なく書いている。
 各人、自分の個性にあわせている。ゴルフ脳のレベルが高い。
 結局、プロもアマも、自分の個性を大事にして、ゴルフ脳で自分で判断することだとわかる。
 日本のレッスンプロには、このゴルフ脳が足りない。さらにプロ選手はいたっては、ほとんど猿並み。
 猿は一度、オナニーをおぼえると、死ぬまでオナニーをする。
... 2017/07/01(Sat) 21:32 No.45681  


Re: ブルックスケプカその2 投稿者タニノチカラ  ID:mP3SbNqE  Rank:30回  

bl.gifマンチャイさん、一つお礼を言わせてください。
D・ジョンソンの、頭を残して、グリップEが左腰の更に左を向くインパクト。
コレ、飛距離アップの一つの方法でしたヨ。

練習で試して良かったので、今日のラウンド、飛距離的に非常に満足のいく結果に。
方向性はまだ十分に掴んでいませんが、ドローもフェードも打てそうです。
結果に対するリスクは少なそうなので、コレ、文句なく採用です!(笑)

又、アイアンもGエンドの向きを同じようにした所、コレも綺麗にボールにコンタクト。
今までは、肝心な所で当たりが薄かったり、ダフッたり。多分、ハンドファーストの度合いが少なかったのかも?!

もう一つ、今流行りの飛び系のアイアンのつかまり過ぎに悩んでいたので、ミズノのフィッティングでアイアンを普通のモノ(笑)に変えました。

ココにも登場されていたトップアマの石川さんに、
「タニさんは、簡単なクラブ使うと、ゴルフが簡単になると勘違いしている」
と、昔言われた事があるが、正にその通り!

今日のラウンドは、上記3点の初モノづくしでしたが、自分自身オオ〜?!オオ〜?!と言う感じで、サクサク70台?!(最初からこんなに上手く行くとは思っていなかったので・・・自慢になってスミマセン。)

ネットのレッスンプロは、色々と違う事言っている様で、結構共通点がありますね。

過去、色んな「通りすがりさん」とコメントを交わしましたが。
引き続き、コメント参加をよろしく!
... 2017/07/02(Sun) 20:32 No.45682  


Re: で、ブルックスケプカその2 投稿者マンチャイ  ID:pzZYW27I  Rank:16回  

bl.gifタニさんは、すぐに試してすぐに出来ちゃうとこがすごいですね。たぶん野球でボールに対する当てる勘が鋭いのでしょうね。羨ましい資質です。それはそうと僕は今、ダスティンのボールの位置、左かかとより更にボール1個左において練習、昨日ラウンドしました。
まだ結構違和感ありますが、振り抜きが良くなり、ストレートからフェード、飛距離もドローより5ヤードから10ヤード落ちる程度で、方向性はバッチリです。
これでなれてくれば、飛距離も延びるかな?
アイアンは前からカールしてフェードはそれほど難しくないですが、ドラはタニさんの様に僕はすぐにできないので少し時間がかかりそうです。
... 2017/07/03(Mon) 17:33 No.45684  


下のフォームから、この記事に返信ができます。
おなまえ*
Eメール  ←非公開になります
題  名*  
コメント* (URLを書くときは先頭のhを取って下さい)
投稿キー* (投稿時を入力してください)
URL
イメージ (アイコンを選択して下さい) [アイコン一覧]
パスワード   トップソート:
題名の色
本文の色